本文に移動 コンテンツ一覧に移動

森林経営効率化支援事業への取組み

(1)森林経営効率化支援事業の目的について

 林業事業体(森林組合等)が森林所有者から施業や経営を受託し、森林整備の効率化を進める際の前提となる各種森林情報を一元的に管理できる地域森林管理GISの活用及び不明確が進行している森林境界の保全、明確化調査に支援します。

(2)森林経営効率化支援のイメージ

 森林整備面積の拡大、効率化のためには、境界明確化に加え、森林作業道作設計画等が必要

〈複数の所有者の森林をまとめて作業面積を拡大〉〈境界に接する森林所有者が確認〉
複数の所有者の森林をまとめて作業面積を拡大 境界に接する森林所有者が確認


(3)補助対象者

 林業経営体(林業事業体、森林所有者)

(4)事業内容

 ①森林所有者への説明会 1/2以内補助
 ②境界明確化等の現地調査及び確認・測量 10/10以内補助

(5)応募期間

 令和3年度の募集は締め切りました。

【お問い合わせ先】
東京都森林事務所
森林産業課造林担当
青梅市河辺町6-4-1 青梅合同庁舎2階
Tel.0428-22-1159
Fax.0428-23-5994



※森林作業道整備促進について

 令和元年度までの森林経営効率化促進事業の枠組みが、令和2年度より変更になりましたが、 事業の募集は引き続き行います。御不明な点は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

(1)森林作業道整備促進補助制度の目的について

 間伐材の搬出のため、森林作業道作設や搬出土場を計画しても、斜面が急であったり河川を挟んでいたりするため、費用が高額になり設置を断念する箇所がある。このため、木製構造物等の施設整備によって、作業道が機能を果たすように支援します。

(2)森林作業道整備促進のイメージ

    
傾斜の急な多摩地区で、木材の集積用の土場等、幅員を拡張するには、木製構造物等が必要
傾斜の急な多摩地区で、木材の集積用の土場等、幅員を拡張するには、木製構造物等が必要

(3)補助対象者

 林業経営体(林業事業体、森林所有者)

(4)事業内容

 (補助率:定額補助)
  規模:120m/年
  単価:100千円/m(但し、補助対象経費が単価を下回る場合は、実費分のみ補助)

(5)応募期間

 令和3年(2021年)5月6日(木)から6月30日(水)まで 
(順次受付。予算規模に達した時点で募集を打ち切ります。)

【お問い合わせ先】
東京都森林事務所
森林産業課造林担当
青梅市河辺町6-4-1 青梅合同庁舎2階
Tel.0428-22-1159
Fax.0428-23-5994

このページの先頭にもどる

イベント・お知らせ | 森林事務所の紹介 | 管内の紹介 | 森林事務所の取組 | 学習コーナー | サイトポリシーお問い合わせ